納期を考慮

短納期で作成するために注意すべきこと

オリジナルTシャツを短納期で作成するために注意する点として三つ挙げます。 一つ目は、短納期でTシャツを作成するには、事前にデザインを決めておく必要があります。 最近インターネット上では、短納期でのオリジナルTシャツ作成が可能としている企業が見受けられます。 これは企業に対してデザインを入稿した後の納期であることが多いため、実際の納期は企業のホームページで確認すべきです。 二つ目は、デザイン入稿の方法です。 デザインをデジタル原稿で入稿する方が、アナログ原稿で入稿する場合と比較して短納期になることがあります。 またデジタル原稿で入稿する場合でも、使用するソフトが指定されている場合があるため留意が必要です。 三つ目は、オリジナルTシャツに背番号などを入れる場合です。

オリジナルTシャツを作成する際に知っておくと良い情報

オリジナルTシャツを作成する際に知っておくと良い情報を以下に三つ提示します。 一つ目は、パソコンでデザインを作成する場合にはAdobe Illustratorというソフトがあると良いです。 上記のソフトがあれば、作成したデザインをデジタル原稿として入稿できることが多く、受注する企業側でもデザイン加工する必要が無いため、短納期かつ低価格での作成が可能になる場合があります。 二つ目は、大量発注すると低価格で作成できます。 この時に重要なことは、同一デザインのものを大量発注することです。 元となるTシャツの型、サイズ、色は異なっても良いとしている企業が多いので、事前に発注する企業に確認することが必要です。 三つ目は、デザインはシンプルな方が低価格で作成できます。 価格は、Tシャツにプリントする場所の数、色の数で決まることから、シンプルなデザインの方が低価格で作成することができます。