文字などを入れる

クラスTシャツとは何か

Tシャツには文字入れなどの加工を行って製作するものですが、ポロシャツに加工を行う事によって作られる事もしばしばあるものです。クラスTシャツは、多くの場合片面にイラストをプリントし、もう一方の面にはクラス全員の氏名をプリントする事が一般的です。一般的にクラスTシャツが知られるようになったのはここ20年ほどと言われているものですが、40年前にはすでにクラスTシャツが作られていた事も確認されているのです。 ここ10年ほどで一般に広く普及したクラスTシャツですが、その理由として考えられているのが、オリジナルデザインのTシャツを安価にて大量生産を行える技術が発展した事です。

今後はどうなっていくのか

クラスTシャツの製作を請け負う業者は、近年増加傾向にあるものです。またクラスだけでなく、部活動においても揃いのTシャツを製作する事への需要も見込まれているのです。 業者が増えた事で、市場で始まっているのが価格競争です。クラスTシャツの製作には数千円かかるものがこれまでは一般的だったものです。しかし近年の激安を売りにした業者では、一枚五百円以下で請け負う業者も登場するようになっているのです。 またデザインに使用できる色や、装飾が豊富になってきている事も近年のクラスTシャツにおける特徴です。これも大量生産の技術が進んだ事により効率よく安定した生産が行えるようになった事で、クラスTシャツの一般的な予算でも複雑な装飾に手が届くようになったためです。